中身だけが存在する」という思いが強かったです。

「ティービング」を通じて鑑賞した共有パク·ボゴムの感性ドラマ映画レビュー<徐福>、その前にあらすじ情報: 「この子は幹細胞複製と遺伝子操作で作られた人類初の実験体です、人間にはない特別な遺伝子を持って作られた新しい種です、2500年前の始皇帝の命令で不老草を探しに行った臣下がいました、死を克服しようとする人類の意志の象徴です、その名を取って人間の死に至らない存在です、あいつは死ななかった存在です。」 過去、アン部長(チョ·ウジン扮)によってトラウマを経験している元要員ギホン(コン·ユ扮)は、実験体徐福(パク·ボゴム扮)を安全に移動させる新しい任務を受けます。 しかし、予期せぬ攻撃を受けながら簡単でないことを直感します。

映画館とOTTサービスを通じて同時公開された映画『徐福』。 私は最近外で文化生活を楽しまないところなので今日の夜明け’ティービング’で確認してみました。 個人的な予想とはずいぶん違うせいか、先日ネットフリックスで公開された<楽園の夜>が”もう少し良かった”という感じを受けました。 今から一つずつ解いてみましょう。


この作品は予想より重いです。 幹細胞の複製と遺伝子組み換えで作られた実験体と彼を移す任務を受けたキホン。 この2人を脅かす何かについてのSFアクションスリラーだと思いましたが、全く違いました。 それよりも「ドラマ」のジャンルに近く、2人の男のブロマンスロードムービーを通じて哲学的な問いに集中します。 『生と死、存在についての物語』ですね。 すなわち娯楽映画だと思って観るなら、私のように失望する可能性が高いことを肝に銘じてください」


しかし、この作品のテーマ、すなわち”生と死そして存在論”に対する質問はとてもうまく構成されていると思います。 一生眠ることができない自分も、願わない人生を送る実験体と生きたいが、死にたい人生という不幸な記憶が、より多くのルールを設け、「生と死とは何であり、なぜ恐れるのか?」を少しでも考えさせられるのです。


同時に複製人間と始皇帝の命令を受け、不老草を探しに出かけた臣下の話も加わり、「人間の欲望」に関する話もいとわないのですが。 安社長と金泉五(キム·チョンオ)会長(金在乾)との葛藤がこれを代弁している。 映画は言います。 「生と死の領域を一個人が統制できるようになれば破滅を招くだろう、いつかは死ぬという不変の真理の中で生きている間により良い人生のために走る人間たち、しかしその境界が崩れる瞬間欲望と怠惰の中に陥って虚位になるだろう」と。 このように多くの人物と与えられた状況を築き上げ、鋭い哲学的問いかけながら人間を探求する<徐福>でした。

何を言おうとしているのかがとても明確です。 つまり中身がしっかりしているのです。 しかし、その中身を掘り下げると、残念な部分が存在します。 まず、토렌트맵 2人の男のブロマンスロードムービーが多少残念です。 その過程を映し出しながら「生と死そして存在論」について話していますが、物足りないと感じます。 じっくり考えさせられるようにするためには、ドラマが心に響かなければならないと思います。 任務を遂行しながら積み上げていくものの、その交感の幅は広くも深くもなく、「中身だけが存在する」という考えが強かった。


これとともに、安社長と金泉五会長の葛藤も同様の様相を呈しています。 2人の男のロードムービーはメインになる話なので繰り返しほのめかされたが、安社長と金チョンオ会長はサブと説明不足な様子でした。 特に二人のキャラクターは中身だけで動きます。 安社長は、「クローン人間で死に対する恐怖が消えれば、人類社会に大きな混乱をもたらすから、一日も早く殺さなければならないという目的、金泉五会長は死病にかかった自分の不老長生のためと同時に、この技術で神の権威を高めたいという欲望が2人を衝突させる。 でも114分という時間、 ひたすら意志だけを燃やします。 「彼らがなぜあんな行動を取るのか」についての細かい説明がなく、すさまじい葛藤であるにもかかわらず、面白くない光景でした。

結局、エンディングは 徐福のショーケースの現場でした。 <魔女>を連想させる超能力を使って合間に楽しさを伝えたりもしたが根も葉もなく押し通すアン部長のおかげで彼との対決は外面だけ残った戦闘だったと思います. ただ見せ用のショーケースの現場になったのです。 「まとめてみると、娯楽よりは哲学的な問いに依存する作品で、アクションやその他の楽しさを期待すればがっかりすることもあります。 何を話したいのかははっきりしているのですが、それを伝えるための深みが足りなくて残念でした。 それでは、私とは違って興味深く鑑賞されることを祈ってここで終わりにします。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다