大魚が押し寄せてくる便法申込どこまで

今年から公募株申込に「均等方式」が適用され、個人の投資機会が拡大した中で、歴代級IPO(企業公開)が次々と近づいている。先に近道との指摘が出てきた証券会社間の重複申込がまだ可能、そのシステムがいつ完備されるか注目される。

20日、金融投資業界によると、重複申込を防ぐシステムは、早ければ6〜7月頃に備えられるものと期待される。これに対魚級IPOの中ではSKIET(SKアイイテクノロジー)とカカオバンクなどで証券会社間の重複申込が可能と予想される。

今年公募株申込物量の半分に「均等方式」が適用され、余剰お金が多くない個人投資家も公募株を割り当てることができる機会が拡大した。過去には、証拠金の規模に比例して公募株を割り当てられる方式であっただけに寄せ級申込に先立ち、資金を最大限に誘致しようとする「銭の戦争」が行われたほどだ。これ優良公募株を1週間割り当てられなかった少額の投資家のクレームが高かった。

すると、金融当局は、少額の個人投資家にもまんべんなく機会を与えようという次元で公募株物量の半分に均等方式を適用した。しかし、システム上の証券会社間の重複申込が可能である抜け穴を利用して、個人投資家が証券会社ごとに家族数ごとに口座を多数開設する「口座永久(魂まで集め口座を開設して投資)」が捕捉された。これ多数の投資家に機会を等しくランナーという趣旨とは異なり、申込競争が再び行われた

特にSKバイオサイエンス(SKバサ)の場合、先月コスピ上場を控えて行った申込で歴代最も多くの証拠金が集まった。均等方式を適用したが、1週間も割り当てられなかった投資家が続出したほどだ。個人投資家が重複申込を活用した情況が多数捕捉され、抜け穴を利用した近道との指摘が一部で出る、金融当局は、これを防ぐシステムを備えすると述べている。

先に金融上が発表した「IPO一般申込者公募株拡大案」は、証券会社が公募株割り当て時に、このシステムで投資家の重複申込かどうかを確認するようにして、重複申込事実が確認された申込者には、公募株が重複割り当てされないようにすることを骨子とする。申込数量に関係なく、最初に受理された申込件のみ有効と認める方針だ。

ただ、システムを装備するまでに時間がかかるだけに、当分の間予定されている寄せ級公募株で重複申込が可能になる。폰테크 これにSKバサの時のような副作用が繰り返されることはないかという懸念も出ている。

SKIET(SKアイイテクノロジー)は来る22日から2日間、申込みを行う。SKIETはSKバイオファームとSKバサに続きSKグループの寄せ級公募株の後を継ぐものと期待を集めている。

SKイノベーションが株式90.0%を保有している子会社で、過去2019年4月SKイノベーションの素材事業部門が物的分割されて設立された。来る22日から二日にかけて需要予測を行った後、26日ごろ公募価格を確定する見通しだ。申込は代表主管社である未来アセット証券と主管社である韓国投資証券、買収会社であるSK証券と三星証券、NH投資証券で進行する

コスピ上場直後時価総額が20兆ウォンに達すると予想されるカカオバンクは15日、上場予備審査申請書を受理した。早ければ7~8月に上場すると予想され、申込が早ければ6月頃に行われる可能性が提起される。カカオバンクは、過去2016年1月に設立されたインターネット専門銀行で最大株主はカカオだ。31.6%の株式を保有している。

時価総額規模が歴代級に達すると予想される最大魚LGエネルギーソリューションとクラフトンなども上場を本格化すると予想される。LGエネルギーソリューションは、昨年、LG化学のバッテリー部門が独立して、昨年末に発足した。 KB証券とモルガン・スタンレーを上場主管社に選定した。このほか、カカオバンクと一緒に「カカオIPO 3兄弟」に挙げられているカカオページとカカオページなども年内上場するか期待を集めている

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다