生活家電の売上が43%も増加しました。

昨年光州デパート3店とEマート、ロッテマート、ホームプラスなど12の大型マート全体の売上がマイナスを記録しました。

よく見ると、光州百貨店は他の地域に比べて善戦したことが明らかになったが、量販店業界は10の市·道の中で唯一、前年より売り上げが減っただけです。

統計庁が4日に発表した「サービス業動向調査」によると、昨年1年間の百貨店、大型マートなどの大型小売店の販売額は、光州で1兆6054億ウォン、全羅南道で7749億ウォンと、前年比でそれぞれ3.5%(-580億ウォン)減少し、1.2%(-96億ウォン)増加した。

全国の大型小売店の売上げに対し、光州(クァンジュ)は2.6%、全南(チョンナム)は1.3%を占めています。

昨年光州の大型小売店の売上は過去6年間(2015~2020年)で最低を記録しました。

光州の大型小売店の売上は2015年の 레플리카 1兆7056億ウォンから1兆7256億ウォン(2016年)、1兆7245億ウォン(2017年)、1兆7174億ウォン(2019年)と、4年連続で下り坂をたどっています。 全羅南道(チョルラナムド)の大型小売店の売上は前年(7653億ウォン)に比べて95億5500万ウォン(1.2%)増加しました。

昨年、光州での売上のうち、デパート(8392億ウォン)や大手スーパー(7662億ウォン)の両部門共に最低点を記録しました。

特に、光州市の12の大型マートの売上は、全国10の市·道の中で唯一マイナス成長を記録しました。

コロナ19による社会的な距離づけの影響で、生活必需品の需要が増え、全国の大型マートの売上が前年に比べて4.2%増加したのとは対照的です。

大型マートの売上高は世宗が14.7%増で最も高い伸び率を示し、京畿道(キョンギド)7.0%、釜山(プサン)4.3%、ソウル(3.9%)、慶尚南道(キョンサンナムド、2.7%)、蔚山(ウルサン、2.4%)、大田(テジョン、2.0%)、済州道(チェジュド)·大邱(テグ、それぞれ1.6%)など、コロナ19の打撃の中でも上昇傾向を

光州のある大型流通売り場の関係者は「光州5区のうち、相対的に大型マートの売上が高い地域である北区とスワン地区などがコロナ19拡散初期に起きた悪材料の影響を受けた」とし「拡散初期の『フォビア』(恐怖症状)に近かった地域社会の雰囲気も影響したようです」と話した。

一方、光州デパート3ヵ所の総売上は前年に比べて減少したが、他の地域に比べて減少率は低いことが分かりました。

光州百貨店の売上減少率は5.0%で、全国平均(-9.9%)の半分水準でした。 前年比減少率が最も大きかった地域は慶尚南道(-17.8%)で、京畿道(-12.1%)、大田(-11.7%)、大邱(テグ)·蔚山(-11.6%)、ソウル(-8.3%)、釜山(-6.6%)の順となった 光州減少率は全国8の市·道の中で最も低かったです。

光州百貨店の予想外の善戦には報復消費が反映された「海外名品」の人気と「家に住む」ための家電·家具の需要が影響を及ぼした。

(株)光州新世界は昨年一年、店舗全体の売上が前年より1%程度の伸びにとどまりました。

化粧品(-17%)、女性(-20%)、男性(-7%)、スポーツ(-8%)など、ほとんどの部門の売上がマイナスを記録しましたが、ブランド品の人気は着実でした。

同店舗の海外ブランド品の売上は前年より21%増加し、海外旅行ができなくなった消費者の間で、ゴルフ用品(15%↑)の需要も増えた。

2019年の夏、新しくオープンした生活専門館が顧客を呼び込み、生活家電の売上が43%増加しました。

ロッテデパート光州(クァンジュ)店は、昨年の売り上げが12%減少し、コロナ19の不振を反映した。

海外ブランド品(19%)や家電·家具(11%)などは増加したが、児童(-12%)、レジャー·スポーツ(-15%)、女性·男性衣類(-24%)などが二桁の減少率となりました。

昨年、コロナ19の拡散初期、デマで売り上げに打撃を受けた光州地域のロッテアウトレットの平均売上は19%減少した。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다