積極的な制度改善

長くなったコロナ19事態に家計経済が難しくなると、不法貸付け金の広告が増えていることが分かった。特に‘誰でも貸出’‘信用不良者も可能’のような刺激的な用語を掲げており、金融消費者が危険にそのまま露出するという指摘が出ている。

金融監督院によると、最近の大型都市銀行などの金融会社を詐称して融資相談を名目で電話をかけるように誘引するテキストメッセージ広告が急増したことが分かった。

金融監督院関係者は「該当広告は金融機関の正式貸出商品を紹介するかのように装っているが、消費者が相談のために連絡する場合、貸出詐欺型ボイスフィッシングなど犯罪行為につながる場合がほとんど」と説明した。

さらに、これらの違法貸付け金広告は、スレッドや電話番号を短期間(約2〜3週間)だけ活用する、いわゆる「バッタ式広告」である場合が多い。不法広告が摘発された後、措置するまで一定期間かかる点を悪用し、措置時点では、電話番号を解約してしまうだろう。

特に最近ではSNSを中心に‘代理入金’広告が盛んに行われているなど不法貸付け金広告対象が金融知識に脆弱な青少年にまで拡大していることが明らかになった。

違法なローン広告に騙されないようにする方法は、できるだけ早く対応しないことです。

特に電話やテキストメッセージ、ファックスを利用した貸付け金の広告は、金融機関や公共機関を詐称する場合が多いことを念頭に置かなければならない。휴대폰정보이용료 必要な場合は、金融会社の代表番号に直接電話して確認したり、金融会社の窓口に直接訪問してお問い合わせするのもいい。

金融消費者情報ポータルファインでは、検証された金融会社の代表番号を確認することができる。携帯電話に「電話傍受アプリ」が設置された可能性に備えて、有線電話や他の人の電話を使用することも要領である。

特に‘誰でも貸出’‘給電’‘当日貸出’など刺激的なフレーズを掲げる広告なら不法貸付け金広告の可能性を疑わなければならない。ファインでは、制度圏の金融会社と登録ローン会社を確認することができますので、検索してみるのもいい。

違法貸付け金の広告は、法定最高金利を遵守するように広告が、実際に線利子や手数料などを課して最高金利を超える場合が多い。

現在、法律が規定する最高金利は年24%だ。来月7日以降、新規融資から年20%を適用する。

法定最高金利を渡して支給した利子は無効になるので、元金引当や返還を要求することができる。金利は線利子を除いて、実際に受け取った金額を原本にして算定し、貸付け金と関連支給した金額は、名称に関係なく、すべての利子とみなす。

このように、最高金利を超えて融資を受けたり、違法債権回収に苦しんでいる場合は、無料で弁護士の助けを得ることもできる。無料の弁護士支援制度は、金融監督院のホームページで申請する

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다